造園作りに必要な伐採と草むしり

庭に大きな木がある人は、必要でない限り伐採したほうがいいです。大きいと家に影を差したり、落ち葉や虫が落ちたりします。また、隣接する家の敷地内に入り込む可能性があります。造園を維持するためにも立派な大樹でも、トラブルになる可能性がある場合は思い切って伐採するべきです。

樹木は定期的に状態チェックが必要

樹木も植物ですから、病気にかかってしまい他の植物に影響を与えてしまいます。ですから、常に木の状態を確認しないといけません。

実際に起こりうる樹木の病気を教えてほしいです。
アオキという樹木は、炭そ病という病気を発症します。これは、葉に黒褐色の斑模様が発生し、その模様の箇所が伝染してしまうのです。カシの木では、うどんこ病という歯に白いカビが発生する病気があります。これらの病気は、庭にある植物にも被害が生じるので注意してください。常に樹木の状態を確認し、早めに対処する必要があります。

放置は危険?倒木の被害

倒木事故の危険性
大きな木は、台風などの自然災害によって倒木する危険性があります。倒木による事故や家の損壊、隣の家に倒れ込んでしまうなどの被害も発生します。これを防ぐには、早めの伐採が必要です。他にも、大きく成長しないように管理して木が風で倒れないか常に把握を行ないましょう。
被害は管理者に請求されることもある
過去に庭の木が倒れて、走行中の車を直撃した事件がありました。そのせいで車は大破してしまい、木を所有していた人は賠償請求されてしまったのです。木が倒れてしまったのは、庭の管理不足ということで家主が訴えられるので注意してください。

伐採の費用相場

伐採の費用は木の高さによって変化し、その高さに5,000円をかけた数字が相場となります。ですから、3mの木ならば15000円となるのです。また、同じ高さでも幹の太さや作業を行なう木の危険度によっても費用は変わります。幹の太さで伐採に必要な道具や作業の流れが変化し、狭い場所に生えている木によっても危険度が増すため高くなるのです。

TOPボタン