手入れ・維持費用は職人の腕や環境次第

庭

造園した庭の手入れは、自分で行なう前に造園を依頼した業者に依頼してみてください。確実な手入れを行なってくれますし、害虫への対策なども安全に素早く対処してくれるのです。また、広い庭だと自分で行なうよりも業者のほうが確実です。

造園やメンテナンスを依頼できる会社もある

造園工事業者では、施工だけでなく草刈りや剪定なども行ないます。他にも、病害虫の対策のために消毒や除草剤の散布も行なうのです。また、造園の際に雑草が生えてこないようレンガなどを敷き詰めてもらえます。

草むしり・草刈り業務の相場

草むしりや草刈りを業者に依頼する際は、個人で行なった時の時間と費用について把握しましょう。70坪の庭の手入れだと、4時間程かかり作業と処分の費用を合わせて25,000円程発生するのです。この値段を業者選びの基準にすれば選びやすいです。専門家が行ないますから、この費用よりも安い業者ならば問題ありません。草刈りを行なう業者では、草刈り機を使用するか手作業で行なうかで費用は変化します。費用が気になる人は、多くの業者に見積もりを依頼して費用を比較してみてください。

草刈り・草むしりの手間を減らす造園ポイント

防草シートと砂利で防犯にも効果的
庭に除草シートを敷いて、その上から砂利を敷き詰めれば雑草は生えてきません。除草シートで雑草の種が地面に付着しないようにして、大量の砂利があれば雑草の成長に必要な太陽の光を遮断できます。防犯対策のために、踏むと高い音が鳴る防犯砂利を敷き詰めたほうがいいです。
オシャレに見せる雑草スペース縮小
石やレンガを庭に敷き詰めれば、砂利と同じく太陽の光が雑草に当たらないようにできます。石やレンガ、タイルの種類によっては、和風と洋風の雰囲気を演出できるメリットがあります。
TOPボタン